【太陸スタンダード】

NKオートは、サイドカー文化の発展を願っています。
NK autoのHPはこちら

本日は、太陸モータースのサイドカー「太陸スタンダード」を紹介します。
東京都港区三田に2003年まであった太陸モータースは、太田政良さんによるハンドメイドのサイドカーショップでした。
e0218639_23395331.jpg
カワサキ650-W1(W1SA)太陸スタンダードのコンビネーションです。
この写真は、今年の2月~3月に当店で改造申請をさせて頂いた時のものです。(当ブログでも作業状況を紹介させていただいています。)
e0218639_23402257.jpg
「太陸スタンダード」は、1971年に発売されたW1SAの純正サイドカーとしてカワサキからの依頼で製作されたもので、一説には「40台が”純正”として世に出た」とされます。
e0218639_23485417.jpg
箱形フレームで、本車とは4点支持でセットされています。
e0218639_2349272.jpg
側車輪の懸架機構は、ベルクランク式を採用。油圧式のドラムブレーキが装備されています。
e0218639_23494465.jpg
本車の右側のステップ周辺の写真です。本車後輪の制動は、ワイヤー式になっています。


人気ブログランキングへ←ブログランキングに参加しています。1ポチ、よろしくお願いいたします。

e0218639_10283029.jpg

2010年2月、NK autoBMW R90/6にセットした太陸スタンダードです。
e0218639_010504.jpg
リアトランク部分にもフレームがあります。
e0218639_011284.jpg
側車輪のサスペンションには、上のカワサキ用とは異なるショックが付いていました。
"W1SA純正"とは言うものの、このように他のバイクにもセットされていったようです。

e0218639_10283029.jpg

冒頭のW1SAと同時期にNK autoに入庫していた、BMW R80/7とのコンビネーションです。
この側車は、ボディーの一部が開くようになっています。改良型と思われます。
e0218639_0134510.jpg
e0218639_0135640.jpg


e0218639_10283029.jpg

【太陸モータース余話】
1972年からTV放映された「人造人間キカイダー」に登場する黄色いサイドカーを覚えていますか?
あの「サイドマシーン」も、太陸モータースのサイドカーです。
e0218639_0384792.jpg
劇中で”サイドマシーン”と名づけられたカワサキ 500SS マッハⅢ+GTサイドカーは、アクション用に製作されたものではありませんでした。1970年の東京モーターショーにも出品された1台限りのモデルが特撮に使用され、当時の子供たちに強烈な印象を植え付けたのでした。

しかし、本当にサイドカー界に大いなる影響を及ぼしたのは、わずかに18台が製造されただけと言われるGTⅡというモデルです。
e0218639_0312080.jpg
(ネコ・パブリッシング刊 BMW BIKES Vol.36)

世界に類を見ない斬新なデザイン(学生がデザインしたとも言われる)とスポーティーな走行性能を実現した太陸モータースのGTⅡサイドカーは、いわゆる”GTⅡスタイル”と呼ばれるサイドカーの大流行を生みました。
(GTⅡスタイルのサイドカーは、当NK auto以外にも、思いつくだけでも、オートクラフト、クマガヤオート、オクトラン、バイクハウス阿部、SPOT2+1、ヨシオカ、新潟技研、サイドカーショップ東海、サイドカーコミヤマ、RSヒロハシ、サクマエンジニアリング、クラブスリーなどが製作しています。)
人や荷物を多く積むことができる、という実用目的だったサイドカーを、スポーツマシンに進化させることで蘇らせた太田さんの功績は、世界のサイドカー史に深く刻まれることでしょう。

(投稿 池田)

【補足】
1)GTは、BMWにセットされた1台が実働状態で存在します。
2)サイドマシーンのレプリカを制作中のSW9638さまのHPがあります。「サイドマシンプロジェクト」です。当NK autoも技術協力しています。
  またもう一人、ハイナさまもレプリカを制作し、進行状況をHPで公開されています。
[PR]

by nkauto | 2011-08-23 02:16 | バイクギャラリー | Comments(0)  

<< 【9月1日】 【8月20日】 >>