サイドカーと本車にバッテリー

オートバイとサイドカーのことなら、NK auto にご相談ください!
旧車の再生、カスタムもやってます!

NK autoのHPはこちら

カーと本車にバッテリーを並列に積んでいるのをよく見かけます。

カー電源用バッテリーと本車用バッテリーは区別して、何らかの方法で
カットし共用出来ないようにしていれば良いのですが、バッテリー容量を
増やそうと両方のバッテリーを並列に繋ぐのは、メリットよりもデメリットの
方が多くなります。
なぜなら…
e0218639_15465440.jpg

理由は、個体差や配線の長さの違いなどから、均等には充電されません。
また、両方のバッテリーが同じように劣化するとは考えられなません。
劣化した方のバッテリーが負担になり、結局は両方とも劣化が早まります。
2個繋いだからと言って、容量は2倍にはなりません。
e0218639_15455660.jpg

もし本車のバッテリーだけでは不安ならば、容量の大きな自動車用の
物をカー側に一つだけ積むようにしてください。
配線の呼び名はわかりませんが、最低でも線径(被服では無い)5-6mm
位の物を使った方が良いです。
e0218639_1546239.jpg

上下ともバッテリーの大きさは同じです。

人気ブログランキングのサイトへ 別ウィンドウを開きます←励みになるので1ポチ、よろしくお願いいたします。。
[PR]

by nkauto | 2013-11-27 15:56 | ピット作業状況 | Comments(0)  

<< 赤鼻君 整備と継続検査 BMW R100RS バルブク... >>