赤鼻君 整備と継続検査

オートバイとサイドカーのことなら、NK auto にご相談ください!
旧車の再生、カスタムもやってます!

NK autoのHPはこちら

ブレーキ、ホイル、ツインプラグ、FCRキャブ、バックステップと
色々改造されています。
走行も少なくピカピカですが、赤鼻君 悩みがあります。
中々目を覚ましません。体力(バッテリー)が尽きる頃
やっと目を覚まします。
e0218639_21535995.jpg

e0218639_21545586.jpg

その前に左側ライトスイッチが言うことを聞きません。
ポジションを点けてライトを点けるとポジションが消えます。
写真のように緑青で接点不良になっていました。
e0218639_2156473.jpg

プラグが真っ白です、真っ白なのはキャブのセッティングの
影響だけではありません。始動性が悪いのも
キャブのせいではありません。
幾度もブログに書いていますように、クリアランスが狭いのです。
金属が高速でぶつかり合って、音がしない方がおかしいのです。
低回転では影響が少なくても、中高速回転では影響は大です
e0218639_21563867.jpg

最悪の場合
このまま乗り続けると焼き付く前にバルブシートが損傷し、
次にはシリンダー壁に傷が入り、ピストンが焼き付き、
コンロッドがクランクケースから顔を覗かせます
(名神高速を000km/hで走っていて200m近く見事なスライディング
をした強者もいます)

ビビらせるのはこの辺にして、クリアランスの調整後、キャブ調整を
しました。キャブ調整には扇風機が必需品です。
e0218639_2157424.jpg

元気に目覚めて、元気に走るようになりました。
検査を受けて納車です。
同じことが続いたので写真を撮りそこねました。

注:シリンダーをOHした直後はバルブとバルブシートに当たりが
  付くまで5/100ほどクリアランスを多くとり、100km(約2時間)
  ほど走行した後に再度クリアランス調整(正規のクリアランスに)


人気ブログランキングのサイトへ 別ウィンドウを開きます←励みになるので1ポチ、よろしくお願いいたします。。
[PR]

by nkauto | 2013-12-01 22:54 | ピット作業状況 | Comments(0)  

<< K100RS まだまだ続く サイドカーと本車にバッテリー >>