BMW R1100S(BCR) ミッション

オートバイとサイドカーのことなら、NK auto にご相談ください!
旧車の再生、カスタムもやってます!

NK autoのHPはこちら

走行中に突然、シフトペダルが言う事をきかなくなった。

外装、タンク、リア回り、ドライブ、メインフレーム、
エアークリナーケース、クラッチレリーズ、ミッションの順番
後部フレームを跳ね上げて作業出来る車種もある。
この機体の場合、メインフレーム左下がミッションに当たる為
引き抜く作業になる。
e0218639_18213870.jpg

e0218639_18223161.jpg

e0218639_18231573.jpg

レリーズからの漏れ、レリーズの交換はどうしよう・・・。
e0218639_18235465.jpg

距離60,000km・・・、クラッチ板は?
クラッチ板を交換するためには、ここまで分解することになる。
次回交換時に分解作業工賃+クラッチ板代を選ぶか、この際交換するか・・・。

お客様に相談した結果、お任せしますと言う事です。
e0218639_1827538.jpg

ミッションを下ろして分解。縦型のミッションはベアリングがケースに圧入されて
いるので、強引に開けてはいけません。ベアリングの受け部分周辺を
手で触って「熱ちち」言う温度、60~80℃に暖めてからケースを割ります。

開けたら、せっかくだからギアも分解して綺麗にします。
e0218639_18424832.jpg

e0218639_1843229.jpg

リターンバネが折れた物とおもっていましたが、バネには成形時の傷しかなく
ナンバー5の部分の金属接合部分が剥離、パーツはassy交換(4)となる。
e0218639_18451257.jpg

ろう付、拡散接合(各種同種金属同士、異種金属同士およびセラミックスと
金属の接合が可能)・・・詳しく無いが、この方法で接合しているのではと思います。
詳しい方、教えて下さい。


部品がまだ無いので、入荷したら、ミッションとクラッチ部分を
投稿します。

人気ブログランキングのサイトへ 別ウィンドウを開きます←励みになるので1ポチ、よろしくお願いいたします。。
[PR]

by nkauto | 2014-03-16 19:13 | ピット作業状況 | Comments(0)  

<< R100RS モノサス用ローダ... BMW   リアのオフセットハブ >>