BMW R80-7+    継続検査  冬期の管理

オートバイとサイドカーのことなら、NK auto にご相談ください!
旧車の再生、カスタムもやってます!

NK autoのHPはこちら

エンジン、各部とも試乗では異常無し

冬期の暖気はマフラーの排気が見えなくなるまでして下さい。
マフラー内部にも水が溜まり錆が発生しています。
一重管なので仕切り板付近で錆が発生すると
穴が空いてしまいます。
中途半端にすると、エンジン内部の水分が結露します。
その為かエンジンオイルに若干の乳化が見られます。
e0218639_11584527.jpg

e0218639_1159098.jpg

e0218639_11591148.jpg

その他の手入れは大事にされているのが良く分かります
e0218639_11592311.jpg

オイルパンに若干の滲みがあったため増し締めです。
e0218639_11593371.jpg

冬期は燃料タンク内の水分も結露します
コーティングが十分でない物は気を使って下さい。


人気ブログランキングのサイトへ 別ウィンドウを開きます←励みになるので1ポチ、よろしくお願いいたします。。
[PR]

by nkauto | 2015-02-18 12:09 | ピット作業状況 | Comments(0)  

<< ヤマハ G5(80cc) 軽整備 R100RS 2本サス ツイン... >>