Ural ウラル 2輪駆動(2WD) 修理点検

オートバイとサイドカーのことなら、NK auto にご相談ください!
旧車の再生、カスタムもやってます!

NK autoのHPはこちら

久しぶりのURALです
修理と共に継続検査

メインはセルが回りません。
どの機体にもいえると思いますが、電圧が十分あるのにセルが回らない
原因はセル本体もしくはスターターリレーだと思います。
ウラルの場合、シートの下、バッテリー+(プラス)端子の上付近に
スターターリレーがあります。

今回の場合はソレノイド接点の炭化が徐々に進み、その影響で
セルに負荷がかかったと思います。コイルが焼けていました。
セルの交換と共にリレーも交換しました。
e0218639_2124749.jpg

インシュレーターが経年変化で硬化、ひび割れが見られたので交換
e0218639_213785.jpg

タンデムシート、破れのため交換(ラバーのみ)
e0218639_213258.jpg

息子さんが割ったと言っています(定かではありません)
■テールassy(レンズ単品は無かった)交換
■燃料ホースの定期交換
■硬化した配線を交換

e0218639_213423.jpg

この作業で一番面倒くさいのは・・・・・・エアークリーナーケースの取り付け
私の方法が正しいかどうかわかりませんが、クリーナーケース単体を
ブラケットと共に組んでおき、セルモーターの上の止めネジ、右側上の
ミッションケースの止めネジで最後に取り付けます。
e0218639_2152566.jpg

納車しました
e0218639_215436.jpg

学校が夏休みの間はURALもお休みにしよう。極寒育ちには西日本の
夏はきつい!


記事に関する問い合わせは遠慮無くどうぞ nkauto@leto.eonet.ne.jp
人気ブログランキングのサイトへ 別ウィンドウを開きます←励みになるので1ポチ、よろしくお願いいたします。。
[PR]

by nkauto | 2015-06-29 03:00 | ピット作業状況 | Comments(0)  

<< kawasaki エストレア+... K1+RSⅢ-W     色々 >>