Vmax1200 アールズフォーク

オートバイとサイドカーのことなら、NK auto にご相談ください!
旧車の再生、カスタムもやってます!

NK autoのHPはこちら

キャスター角度が大きいため、ある程度ハンドルをきると
切れ込む特性があります。
その為、オフセット量は通常より5mmほど少なめにとり
40mmです。

最初にフローティング為のプレートを作ります
キャリパーにエアーで圧をかけ、キャリパーのセンターと
取り付け位置を決めます。

型紙で簡単な寸法をとり、それから3mmの5052材で
正確な寸法に修正したら、2017材をフライスで加工します。
e0218639_11152269.jpg

e0218639_11155014.jpg

e0218639_1116648.jpg

e0218639_111631100.jpg

プレートが出来上がったら、再度取り付けて、カラーや
ロアーのスイングアームの掴みシロ含めたアクスルシャフト等を製作します。

この機体はサイドカーを取り付けた後からの変更ですから
カーボディを降ろし、現状のセット状態を確認してから、
フロントサスの沈みシロを決め、フォークの立ち上がり部分を
作ります。

この時にキャンバー等にサスのヘタリによる異常が見られたら
修正しておきます。

製作の詳細は何度か掲載していますので省略しています。

★参考 http://nkauto.exblog.jp/21705425/
    http://nkauto.exblog.jp/19404867/

アールズフォークの材質はsus304シームレス管です
e0218639_1119940.jpg

フローティングプレートが付いているため、ノーマルより大きく外にフロントサスが
出ますので、両側から抱くようにして取り付けます。
e0218639_11423154.jpg

フェンダーは形状が悪いため他の機種の物を使いました
e0218639_1124434.jpg

記事に関する問い合わせは遠慮無くどうぞ nkauto@leto.eonet.ne.jp
人気ブログランキングのサイトへ 別ウィンドウを開きます←励みになるので1ポチ、よろしくお願いいたします。。


ご提供出来るパーツ類
写真の他にキャリア等 一品物の制作も承っています
遠慮無くご相談下さい
e0218639_23155670.jpg

[PR]

by nkauto | 2015-09-02 11:44 | ピット作業状況 | Comments(0)  

<< バリオス250 ZR250A 修理 Vmax キャブOH >>