BMW Rtype クラッチOH

オートバイとサイドカーのことなら、NK auto にご相談ください!
旧車の再生、カスタムもやってます!

NK autoのHPはこちら

クラッチの繋がりがスムーズに出来ず、ジャダーが出ている

ミッションを下ろすのに此所まで外す必要はありませんが、フレームの
歪み等を見るために外しています。

通常はシート、フェンダーを外し、スイングアーム取り付けボルトを取り
ユニバーサルジョイントを外して、フリーになったスイングアームごと
後輪を後ろに引き、歯止めをかけてミッションを下ろします。
e0218639_1155393.jpg

e0218639_11552672.jpg

クラッチのユニットです
e0218639_1158471.jpg

フライホイール 此所に点火時期、上死点などのマークが刻まれています
e0218639_1202976.jpg

テンションが均等にかからず偏摩耗しています
e0218639_121293.jpg

新品のディスクを写真の「芯出し」で取り付けます。
e0218639_1223845.jpg

ついでにオイルシールの点検、ディスクを取り付ける際は角を緩くだらしておく。

記事に関する問い合わせは遠慮無くどうぞ nkauto@leto.eonet.ne.jp
人気ブログランキングのサイトへ 別ウィンドウを開きます←励みになるので1ポチ、よろしくお願いいたします。。


ご提供出来るパーツ類
写真の他にキャリア等 一品物の制作も承っています
遠慮無くご相談下さい
e0218639_23155670.jpg

[PR]

by nkauto | 2015-12-10 12:07 | ピット作業状況 | Comments(0)  

<< R100S(改)+バイワーゲン... パッセンジャーの椅子 >>