BMW 旧Rtype サイドスタンドの加工 自作のおすすめ

オートバイとサイドカーのことなら、NK auto にご相談ください!
旧車の再生、カスタムもやってます!

NK autoのHPはこちら
ブログの履歴はホームページトップに掲載しています

モノサスのサイドスタンドが勝手に戻らないようにする加工。
2本サスも似たような物です。

需要があってから作っているので一個ずつの手作業に近い
近ければユーザーに「この部品だけ外して持ってきて」と、お願いして
作業するのだが、遠方の方は、送料や納めるのに時間がかかって
申し訳ない。

難しくないので個人でも出来ると思います。
このステーはユーザーが予め、使わない部分をカットしてくれた。

e0218639_106032.jpg

段付きカラーを作れない場合、スプリングの付いているステーがフリーになれば
良いので、ワッシャーとカラーでも代用できる
スプリングの付いているステーの厚みをワッシャーの分だけ削る
カラーを入れるため、ステーの穴を17mm,カラーの穴をマウントボルト直径
フリーにするために全体の厚みより+0.2mm厚くする
e0218639_106211.jpg

この場合は、ステーの厚みが9mmあったので、3mmほど削って、座付きカラーを
作ったが、3mm厚のワッシャーとカラーだけでも代用できると思う、
ワッシャーや段付き加工するのは、エンジン部分の接触面がアルミのため
接触面を増やすためです。エンジンが少しくらい削れても良いと思えば
カラーだけで代用できます。
e0218639_1063280.jpg

ノーマルのスプリングでは擦れるところがでてくるので、細いスプリングに変える
e0218639_107372.jpg



記事に関する問い合わせは遠慮無くどうぞ nkauto@leto.eonet.ne.jp
人気ブログランキングのサイトへ 別ウィンドウを開きます←励みになるので1ポチ、よろしくお願いいたします。。


ご提供出来るパーツ類
写真の他にキャリア等 一品物の制作も承っています
遠慮無くご相談下さい
e0218639_1835626.jpg

[PR]

by nkauto | 2016-04-23 10:45 | パーツの製作 | Comments(0)  

<< BMW 旧Rtype バルブク... TDM850 Fフォーク分解清掃 >>