2017年 11月 01日 ( 1 )

 

BMW R50/2 ミッション 2) クラッチの点検

オートバイとサイドカーのことなら、NK auto にご相談ください!
旧車の再生、カスタムもやってます!
■NK autoのHPはこちら
■ブログの履歴はホームページトップに掲載しています
■お勧めのUSEDバイク

ミッションを外すには、スイングアームを後方に下げるか
外すのだが、リアフェンダーを先に外さないと
スイングアームは動かせない。
そこで、リアサスケースに取り付けられている場所が
作業の時、色ハゲの原因になる。
写真では見にくいが、0.5mm厚のプラスチック板を
挟んでネジを緩めて外すと傷が付かない。
e0218639_10004501.jpg
写真を撮り忘れたが、開けた後
ベアリングの点検、オイルシールの交換
e0218639_10115043.jpg
外したミッションギアを組み込むときは
タイヤチューブなどを利用して
ギアを正常に組んだ後、ケースに取り付けると
簡単、スムーズに取り付けることが出来る。

後はスラスト側のシムの調整をして、ミッションは終わりです。
e0218639_10134730.jpg

ミッションを外したついでに、クラッチ板も見ておいてと
言われていたので開けてみる事に

形状からスラッジの排出が悪いので
e0218639_10325830.jpg
e0218639_10325849.jpg
摩耗も少なく、歪みも無かったので
e0218639_10325903.jpg
綺麗に掃除をして組み直した
ガイドピンが沢山有ると組み込むのが楽になる
e0218639_10325987.jpg
プレッシャー リングを止めるフラットヘッド スクリュー
はマイナスの皿ビスだったが、皿キャップに交換後
ほんのちょっとだけ、緩み止めのポンチを打つ。
e0218639_10325983.jpg


記事に関する問い合わせは遠慮無くどうぞ nkauto@leto.eonet.ne.jp

人気ブログランキングのサイトへ 別ウィンドウを開きます←励みになるので1ポチ、よろしくお願いいたします。。


ご提供出来るパーツ類
写真の他にキャリア等 一品物の制作も承っています
遠慮無くご相談下さい
e0218639_1835626.jpg

[PR]

by nkauto | 2017-11-01 10:22 | ピット作業状況 | Comments(0)