【サイドブレーキの試験と最小回転半径実測】

サイドカーの事なら NK auto へ!
NK autoのHPはこちら

《サイドブレーキの試験》
当店では現在、 SUZUKI GSX1400 マツシタオートスタイリング製 サイドカー を取り付けて、側車付オートバイ登録の手続きを進めています。
陸運局から、改造申請認可の条件として「舗装された9/50(18%=約10.3度)以上の傾斜路において、機械式駐車ブレーキで駐車できること」の証明を求められたのですが、陸運局には試験施設がないので、条件を満たす坂道で試験を行いました。(5月3日)
e0218639_0505678.jpg

傾斜計です。
e0218639_051574.jpg

平成11年以降の本車をサイドカー化するための条件が厳しくなりました。中尾店長も初めて実施を求められた試験だったので、条件を満たす場所探しに苦労したそうです。
e0218639_0511582.jpg


《最小回転半径実測》
店の近くの運送会社「エスラインギフ」の駐車場をお借りして実施した、最小回転半径の実測の様子です。
e0218639_0513797.jpg
側車側の回転半径は2.4mです。
ちなみに、GSX1400のカタログスペック上の最小回転半径は2.8mです。
e0218639_0514857.jpg

e0218639_052144.jpg
本車側の回転半径は3.65mです。
側車が外になるので、左回りよりも半径が大きくなります。
計測に使用したメジャーが5.1mまでしか計れないので、2回に分けて計測しました。(5月5日)
e0218639_0521128.jpg

(投稿 池田)

人気ブログランキングのサイトへ 別ウィンドウを開きます←ブログランキングに参加しています。1ポチ、よろしくお願いいたします。
[PR]

by nkauto | 2012-05-20 01:36 | サイドカーについて | Comments(0)  

<< 【5月19日】 【BMW R1100S ボクサ... >>