人気ブログランキング |

【9月16日 その1】

オートバイとサイドカーのことなら、NK auto にご相談ください!
NK autoのHPはこちら

シフトスプリングの修理作業中の ハーレーダビットソン ソフテイル です。
e0218639_1234433.jpg

ミッションをギアボックスから取り外すため、ここでも特殊工具を使用してアウトプットシャフトの部品を外します。
この特殊工具は、ハーレー整備の先生的存在、「ハーレー屋まつもと」の”おやぢ”こと松本様からいただいた物を改良しましました。
e0218639_1254989.jpg
e0218639_21445566.jpg
e0218639_1261615.jpg


シフトのシャフトをようやく取り外すことができました。診断通り、スプリングが折れていました。
e0218639_1263549.jpg
e0218639_1265915.jpg
e0218639_21445566.jpg
e0218639_127181.jpg


e0218639_10283029.jpg

ホンダ GB400TT です。
これまで、ずっとご自身でユーザー車検で使用されていたお客様ですが、今回の車検でライトの光量不足を指摘され、明るいバルブに交換しても車検が通らず、当店に相談に来られました。
e0218639_22561449.jpg
e0218639_12191092.jpg
「光量検査が、7月から厳しくなりました。バッテリーから新たに配線を引いて対策しようと考えています。ハンドルのステムのベアリングが固着している症状も出ています。」(解説 NK auto 中尾)
お客様と相談の上、今まで手を付けられていなかった場所の整備を行うかもしれません。
気に入ったバイクを長く乗り続けるのであれば、細部の整備も必要ですので、時には、信頼できるバイクショップに任せてみてはいかがでしょうか。

(投稿 池田)


★ NKオートは、スクーターから大型サイドカーまで、オークションや他店購入のバイクも大歓迎です。小さな整備も大きな修理も何なりと、気軽にお申し付け下さい。

人気ブログランキングのサイトへ 別ウィンドウを開きます←ブログランキングに参加しています。1日1ポチ、よろしくお願いいたします。

by nkauto | 2012-09-17 12:28 | ピット作業状況 | Comments(0)  

<< 【9月16日 その2】 【ナンバープレートの取付台の製作】 >>