バルブクリアランスの調整(タペット調整)

オートバイとサイドカーのことなら、NK auto にご相談ください!
旧車の再生、カスタムもやってます!

NK autoのHPはこちら

バルブクリアランスを調整するときクランクを回してOT(オーバートップ)
の位置にしますが、これを読まれているユーザーは勘違いすることは
無いと思いますが、クリアランスの調整は爆発のトップでしてください。

単気筒でも2気筒、4気筒、6気筒で同じですが、排気のトップの位置では
次の爆発に備える為、吸気バルブも開いています。
わずかな時間ですが、排気バルブと吸気バルブがオーバーラップ(同時に
開いている、吸排気バルブを同時に押している)している時間があります。

だから、どれかの気筒をOTにしたからと言って、全ての気筒が爆発のトップに
あるわけではありません。クリアランス調整の時はカムやロッカーアームが
見えていますので、吸気が終わった次のトップが爆発のトップです。
その時のクリアランスを正規の状態にしましょう。

わかりきった事を書いて、「いまさら なんだ!」とお叱り受けると思いますが
若い方で、ネットの情報だけで調整をして「ガチャガチャと音がするので再調整
して欲しい」と言う例がありましたので老婆心で書きました。

人気ブログランキングのサイトへ 別ウィンドウを開きます←お役に立てたら1日1ポチ、よろしくお願いいたします。。
[PR]

by nkauto | 2013-10-19 19:02 | ピット作業状況 | Comments(0)  

<< CB92 フル再生 極上車 ヤマハ R1-Z 整備 >>