バリオス250 ZR250A 修理

オートバイとサイドカーのことなら、NK auto にご相談ください!
旧車の再生、カスタムもやってます!

NK autoのHPはこちら

焦って、左側スイッチ部分をぶつけてしまったそうです
その時、クラッチスイッチが壊れているのがわからず、セルを力一杯押し続けた
ため、セルスイッチも奥へ押し込んでしまいました。

単にエンジンがかからない、セルがまわらないとの依頼でしたが
一応、それに関連する部分のチェックもさせて頂きました。

スターターリレー、メインヒューズ、ジャンクションボックス内の
セルからの配線も念のため点検
e0218639_15171484.jpg

セルスイッチの分解
e0218639_15172469.jpg

衝突時に割れたクラッチワイヤーアジャスターがホルダーに食い込んでいる
e0218639_15173570.jpg

取れないので、エアーソーで細かく切って外す
e0218639_15174839.jpg

歪んだねじ山を修正
e0218639_1518424.jpg

ピックアップセンサーカバーの5mmネジを折れ込ましたと言うことなので
左ケースカバーをはずして、2カ所のネジを立て直す
ケースカバーを外さないと、ねじ山の再生が難しいのと、どこかの誰かが
「ケースを組む際、パッキンは要らない」と言ったらしく、液体パッキンを
これでもかと言うほど塗っていた(中まで一杯入ってた、ストレーナーが詰まるぞ!)
e0218639_15193534.jpg

左側スイッチが破損しているため、チョークワイヤー等が付かない
自分で後からすると言う事で、チョーク無しで納車
寒くなる前に直して下さい。
記事に関する問い合わせは遠慮無くどうぞ nkauto@leto.eonet.ne.jp
人気ブログランキングのサイトへ 別ウィンドウを開きます←励みになるので1ポチ、よろしくお願いいたします。。


ご提供出来るパーツ類
写真の他にキャリア等 一品物の制作も承っています
遠慮無くご相談下さい
e0218639_23155670.jpg

[PR]

by nkauto | 2015-09-11 15:51 | ピット作業状況 | Comments(0)  

<< BMW Rtype 小物 Vmax1200 アールズフォーク >>