K100RS 2V + sidecar 継続検査とアールズフォーク

オートバイとサイドカーのことなら、NK auto にご相談ください!
旧車の再生、カスタムもやってます!
■NK autoのHPはこちら
■ブログの履歴はホームページトップに掲載しています
■お勧めのUSEDバイク
オークションで買われたサイドカーの
点検修理と継続検査等です。

カーの車種が(コミヤマ、東海)のどちらかだと
思いますが、ボディだけ手に入れて個人が取り付けた
思われます。アールズフォークが付いていましたが
形ばかりを真似て、正常な動作ではありませんでした。

セットの方法も、サイドカーを製作しているお店が付けたとは
とても思えない状態でした。

ユーザーも「ステアリングがもの凄く重い」と感じながら
初めて手にしたサイドカーなのでこんな物かと
思っていたようです。

元の状態(テレスコピックフォーク)に戻して、オフセット量を計り直します
e0218639_10265351.jpg

フローティングにします
e0218639_10265242.jpg

配線等も見える範囲で補修
e0218639_10265252.jpg

スクリーンも割れていたので作り直し
e0218639_10280646.jpg

スプリングはユーザーの指定色に変えました
e0218639_10265302.jpg

追加の電源の取り出しです
e0218639_10265363.jpg

「ユーザーの声」

サイドカー届きました。

昨日、少し遠乗りしてみました。
全く別次元の乗り物になりました。
以前はハンドルが重く、アクセルワークの反応もにぶいものでした。
今回の改善でアクセルワークの反応が敏感になり、それに伴う
車の挙動を 格段に軽くなったハンドルで思い通りに
制御できるようになりました。


記事に関する問い合わせは遠慮無くどうぞ nkauto@leto.eonet.ne.jp

←励みになるので1ポチ、よろしくお願いいたします。。


ご提供出来るパーツ類
写真の他にキャリア等 一品物の制作も承っています
遠慮無くご相談下さい
e0218639_1835626.jpg

by nkauto | 2019-01-06 10:52 | ピット作業状況 | Comments(0)  

<< BMW Rtype 燃料タ... 今年もよろしくお願いします >>