【スーパーカブ50をマニュアルクラッチに】

NKオートでは、大型・小型を問わず、バイクカスタムのお手伝いをさせていただきます。
NK autoのHPはこちら

自分のリトルカブをマニュアル化して使用しているが、今度はお客様のHONDA スーパーカブ50カスタムの自動遠心クラッチをマニュアルクラッチに変更した。
作業内容は以下の通り。

■クラッチの改造(自動遠心をマニュアルに変更)
ステップ、マフラー、キック、チェンジペダル等を外す。
左側クランクケース、クラッチハウジング、ドリブンギアー、ドライブギアーを外す。
e0218639_12161920.jpg
e0218639_12164171.jpg
ギアーシフトスピンドル(チェンジのシャフト)はモンキー用では写真のように短い。カブのノーマルのシャフトを加工(不要部分を切断)して使用する。

e0218639_12213450.jpg
右側クランクケースカバーはマニュアルクラッチ用の物と交換。

e0218639_0524286.jpg
※元々のクランクケースカバーは、このような形です。→




■左スイッチassy
e0218639_12271635.jpg
クラッチレバーやミラーステー等がハンドルカバーのアッパー、ロアー共に干渉するので、少しずつ少しずつ合わせながら削る。

■チョークレバー移動
e0218639_12295215.jpg
左側スイッチをassyで変えた為、チョークレバーを移設する。

■リアバックベース製作
お客さんが取り付けていたリアバックが簡易の取り付けのため、ベースを作って欲しいと依頼される。
e0218639_12352898.jpg
2017アルミプレートでベースを製作。
e0218639_12331742.jpg
e0218639_12333924.jpg

■その他
ホーン一つ駄目 配線やり直し
ヘッドライト取り付け

e0218639_12382113.jpg

エンジン側の作業は、塗装やガスケットめくりを除くと、アッという間に出来るが、チョークの移動やハンドルカバーの加工には時間がかかった。

(解説/ NK auto 中尾)

人気ブログランキングへ←ブログランキングに参加しています。1ポチ、よろしくお願いいたします。
[PR]

# by nkauto | 2011-07-28 12:45 | ピット作業状況 | Comments(0)  

【BMW R69Sサイドカー】

NKオートでは、他店で購入されたお客様のサイドカーの再セッティングも、喜んでさせていただきます。
NK autoのHPはこちら

お客様がオークションで購入されたBMW R69Sサイドカー
当店で再セッティングをさせていただき、6月12日にオーナー様が当店までお見えになりに、お引き渡しいたしました。
e0218639_2265191.jpg
オーナー様がお帰りになるところです。
e0218639_2265712.jpg

《オーナー様から、運転した感想と質問のメールをいただきました。》

中尾様へ
このたびはお世話になりありがとうございました。サイドカーのエキスパートに点検再調整をしていただいたので安心して乗れます。また各部のお仕事の丁寧さに感心しています。

帰途に乗っただけですが、印象を少し。

■挙動変化がきびきびした感じになりました。

■スロットルやブレーキの反応が鋭くなりました。

■サスの強化で右コーナーでのロールがうんと減りました。

■ステアリングダンパーをゆるめると、やはり低速でハンドルが大きくゆらゆらと揺れます。少しダンパーを締めると止まります。

■リアブレーキが非常によく効くようになりました。

ブレーキでカー側に寄るのはそういうセッティングですか? 以前と逆なので少し戸惑っています。

最初のセッティングではクラッチの切れが悪かったです。アジャスターで1cmぐらいワイヤーを引っ張ってクラッチは何とか切れますが、ワイヤーの遊びはない状態です。もう1台のソロのR50もソフトクラッチを付けていますが、クラッチはきれいに切れ、ワイヤーにも適度な遊びがあります。

以上、感じたままです。


---------------------------------
《NK auto 中尾店長の返信です。》

ブレーキもワイヤーの遊びも調整が出来ます。どちらも作業時間は少しですから、天気の良い日にコーヒーを飲みがてらお寄りください。

《ブレーキについて》
ブレーキは本車寄り・カー寄り、どちらにも調整できます。
本車側のブレーキの遊びを変更する(ネジを一回転締め込む)事で、本車寄りの性格に変わると思います。

ただ、カーの回り込みやカー側コーナーのフェイントには、少しカー側寄りの方が良いかと思います。


《クラッチについて》
クラッチワイヤーはレリーズ側で調整できます。

早急に調整が必要なら、レバー側のアジャスターを締め込んでワイヤーをたるませた後、ミッションケース側のレリーズのロックナットをゆるめて少し締め込んで下さい。
その時、レバー側の遊びは完全に取らず少し残します。アジャスターで最終の調整をしてください。

よろしくお願いします。
NK auto 中尾


※ブログ掲載にあたり、メールの文言を一部修正し、再構成しました。
(投稿/池田)

人気ブログランキングへ←ブログランキングに参加しています。1ポチ、よろしくお願いいたします。
[PR]

# by nkauto | 2011-07-27 03:05 | サイドカーについて | Comments(0)  

【7月24日 その3】

NKオートでは、サイドカーの製造・取り付け・ハブステア改造を承っております。
NK autoのHPはこちら

BMW K100RSNK autoのサイドカーロードセイラーⅢを取り付ける改造作業の現況です。
ロードセイラーⅢのフレームです。パテを整形して、このあとすぐに塗装をしました。
e0218639_0535167.jpg
すでに塗装が出来上がったサブフレームは車体に取り付けられ、フロントショックやリアブレーキマスターなどの艤装が完了しています。
e0218639_028628.jpg
ハブステアウィッシュボーンの舵取り機構も完成し、フロントホイールも装着されています。
オーナーの要望で、ハンドルをK100RT用のアップハンドルに換装しています。
e0218639_025132.jpg
【解 説】
4VエンジンのRSに2VエンジンのRTのハンドルとアクセルワイヤーを取り付けてほしい、という依頼だが、アクセルワイヤーの出幅が違うため、そのままでは付けられない。アルミを削って下駄をはかせて対応した。(NK auto中尾)
e0218639_0334183.jpg

塗装前の様子はこちらです→「続きを読む

人気ブログランキングへ←ブログランキングに参加しています。1ポチ、よろしくお願いいたします。

続きを読む
[PR]

# by nkauto | 2011-07-26 01:08 | ピット作業状況 | Comments(0)  

【7月24日 その2】

NKオートでは、お客様が持ち込まれた他社製サイドカーの取り付けも承っております。
NK autoのHPはこちら

別のお客様からも、持ち込みのカーの取り付け依頼をいただいています。
e0218639_1491568.jpg
この側車は、かつて大阪府守口市にあったマツシタオートスタイリング製のものです。
マツシタのこの大柄な側車は、中尾店長も初めて見たそうです。

このカーを、SUZUKI GSX1400に取り付けます。
e0218639_1472538.jpg
【解説/NK auto中尾】
オーナー様からのリクエストは、
①フロントをアールズに変更
②フロントタイヤは、元々このサイドカーが付けられていたFZXの後輪を使用して、サイズを145/15に変更する
③本車側の色をカーに合わせて塗りかえる
等。
4輪用のホイールに変える話もあったが、GSX1400純正の6ポッドキャリパーを使いたいということで、FZXのホイールを使用することになった。
e0218639_14909.jpg
【アドバイス】
フロントタイヤを選択する時には、フロントの単位面積当たりの荷重に注意する事。
フロント荷重を接地面積で割ると単位面積当たりの荷重が出るが、この値が小さいとグリップが落ちる。また、無暗に大きくも出来ない。
e0218639_1492480.jpg
【アドバイス】
1980年代後半からの国産オートバイのフレームは、非常に軽く強度に優れているが、その分しなりが無い。カーを取り付ける際には十分な補強が必要になる。安易に取り付けると、すぐにフレームが割れてきてしまう。
(事実、このオーナー様のFZXも補強せずに側車を取り付けていたため、次々に発生するフレーム溶接部のクラックにずっと悩まされていた。)
必ず左右から抱き込む様に補強を入れなければならない、それも美しくだ!
格好いいフレームは強く美しい。


(アドバイス/NK auto 中尾、投稿/池田)

人気ブログランキングへ←ブログランキングに参加しています。1ポチ、よろしくお願いいたします。
[PR]

# by nkauto | 2011-07-25 02:26 | ピット作業状況 | Comments(0)  

【7月24日 その1】

NKオートでは、お客様が持ち込まれた他社製サイドカーの取り付けも承っております。
NK autoのHPはこちら

YAMAHA GX750 + クマガヤMKⅡです。
e0218639_0455846.jpg
このサイドカーは、以前からNK autoでメンテナンスをさせていただいておりました。
本車のGXは、1976年に発売されたヤマハ初の750ccマルチエンジン車で、DOHC空冷3気筒・シャフトドライブという構成になっています。
側車は、クマガヤオートの初期のモノののようです。
リアトランクの出し入れはカーのシート(背もたれ)を倒して行います。カーのシートもバケットタイプになっていません。
e0218639_0475642.jpg

オーナー様からの依頼で、GX750に付いているクマガヤのカーをカワサキ GPZ1000RXに付け替えることになりました。
e0218639_0465669.jpg
【解説/NK auto中尾】
オーナー様のリクエストは
①フロントをウイッシュボーンに
②リアスイングアームを片持ち(プロアーム)に
③本車のタイヤは14、15インチに、カーは12インチに
④カーボディーの加工(フロントスクリーンの内ヒンジ化、リアのトランクリッドの新設、内張りの補修)
等々。
カー側フレーム等の目に見えない部分の補修も万全にさせていただきます。


(投稿/池田)

人気ブログランキングへ←ブログランキングに参加しています。1ポチ、よろしくお願いいたします。
[PR]

# by nkauto | 2011-07-24 23:42 | ピット作業状況 | Comments(0)  

【クラウザー・ドマニの納車】

NKオートでは、他店で購入されたお客様のサイドカーの車検・整備も、喜んでさせていただきます。
NK autoのHPはこちら

6月27日(月)、継続検査(車検)を受け終えたクラウザー・ドマニを、中尾店長が直々に愛知県のオーナー様の自宅までお届けしました。
e0218639_255095.jpg
カーキャリアーを手配しました。荷台に慎重かつ確実にサイドカーを固定して、午前5時45分に店を出発です。
e0218639_25319.jpg
午前9時30分、無事にオーナー様にお届けすることが出来ました。
e0218639_255757.jpg
納車が終わり、オーナー様からモーニングセットと豪華なお食事をごちそうになりました。(NK auto 中尾)
e0218639_26623.jpg
納車している間、ネコがじっと作業を見ていました。納車が終わると、トコトコと何処かへ行ってしまいました。(NK auto 中尾)
e0218639_261526.jpg
帰り道の伊勢湾岸自動車道の風景です。ナガシマスパーランドが見えてきました。でも仕事があるので、大阪へ直行です。
e0218639_262347.jpg

(投稿/池田)

人気ブログランキングへ←ブログランキングに参加しています。1ポチ、よろしくお願いいたします。
[PR]

# by nkauto | 2011-07-01 01:57 | ピット作業状況 | Comments(0)  

【BMWの車高下げ/サイドスタンド】

NKオートでは、ローダウンサスの製作(バイクの車高を下げる改造)を承っております。
NK autoのHPはこちら

【BMWの車高下げ】で紹介した方法(リアサスの加工で車高を大きく下げる)でローダウンを行った場合、サイドスタンドも短くする必要があります。今回はその加工作業を紹介いたします。

サイドスタンドをカットする場合、はじめに罫書き線を引いておきます。
カットした後、サイドスタンドの捻れを防ぐ為です。
e0218639_122632.jpg
単に突き合わせをせずに、十分に差し込み寸法を取り溶接シロも確保して溶接します。切りたい寸法より多めにカットして、多めに切った寸法を溶接シロとします。
e0218639_123772.jpg
e0218639_124472.jpg
あとは溶接線にパテを塗って綺麗に仕上げて色を塗ります。塗装をすると何処でカットしたか解らなくなります。
e0218639_125799.jpg
サスのローダウン加工(55,000円)に併せて無料で加工させていただきますので、ご用命の折にリアサスと一緒にお送り下さい。

(解説/NK auto中尾)

《追記》
この加工法で、K100RSのサイドスタンドを伸ばすこともできます。
BMW K100シリーズは、サイドスタンド使用時の車体の傾きが大きいのが難点です。長時間駐車する時はセンタースタンドを使用するのが良い、とされています。
サイドスタンドに下駄を履かせるのが一般的な対策ですが、NK autoでは、サイドスタンドの延伸、という解決法を提案いたします。お問い合わせは当店まで。

人気ブログランキングへ←ブログランキングに参加しています。1ポチ、よろしくお願いいたします。
[PR]

# by nkauto | 2011-06-27 01:09 | パーツの製作 | Comments(2)  

【BMWの車高下げ】

NKオートでは、ローダウンサスの製作(バイクの車高を下げる改造)を承っております。
NK autoのHPはこちら

シート高を下げる一般的な方法は、シートの加工(あんこ抜き)ですが、シート高は下がったとしても、シートの形状が変わるため、下がった数値に比べて足つき性アップにはつながりません。
その上、シートとステップの相対位置が変わるため、窮屈さや操作性に違和感を生じる事があります。それを防ぐためにサスでのローダウンをお勧めします。リアアクスルシャフト部分シート高で最大10cmほど下げられます


《ローダウンサスの製作行程の解説/NK auto中尾》
リアショック用のスプリングを新たに製作するために、ノーマルのスプリングのレートから負荷荷重や沈み込み寸などを割り出します。
線径やピッチを指定して、交換用の上下のスプリングを製作します。
ライダーの体重は、それによってバネのレートが変わりますので、必要な情報です。

e0218639_18501831.jpg
レートが異なる2本のスプリングを繋ぐためのカラーは、アルミ2017合金(ジュラルミン)で製作しています。
組み上げると、ローダウンサスの完成です。

e0218639_18502668.jpg
スプリングは塗装しています。「メッキ処理を何故しなのか」と聞かれますが、メッキの加工には強力な脱脂をするため、表面の酸化が避けられないそうです。
サスペンション用のバネはメッキ加工をしない方が耐久力の安定を図れると言って、加工業者もメッキはしてくれません。

e0218639_18504091.jpg
(以上、解説/NK auto中尾)

今回はBMW R1200RT イーサ無し(車高調整なし)ローダウンサスの製作例です。

ノーマルサスをバイクから外して当店に送って下されば、55,000円~(消費税別)で製作いたします。
(当店に車両ごと持ち込みの場合、サスの脱着工賃を別途申し受けます。)

車高を大きく下げた場合、サイドスタンドも短くする必要が出てきます。こちらは無料で加工させていただきますので、一緒にお送り下さい。

NKオートでは、他の車種でもサスをお送り下されば製作いたしますので、お気軽にお尋ね下さい。

人気ブログランキングへ←ブログランキングに参加しています。1ポチ、よろしくお願いいたします。
[PR]

# by nkauto | 2011-06-18 19:34 | パーツの製作 | Comments(0)  

【刀1000改】

NKオートでは、バイクの改造申請を承っております。
NK autoのHPはこちら

当店で車検整備及び継続検査受けをさせていただいたSUZUKI KATANA GS1000SZ改です。
1000ccの刀は、AMAスーパーバイクに出場するためのホモロゲーション(認証)獲得ため、1982年頃に3,000台が市販されただけの、希少なモデルです。
e0218639_1854316.jpg
このバイクは、以前に当店でヤマハFZR1000の足回りを組み込んだものです。
e0218639_19421448.jpg
e0218639_19433682.jpg

まだまだ続きます。→「続きを読む

人気ブログランキングへ←ブログランキングに参加しています。1ポチ、よろしくお願いいたします。

続きを読む
[PR]

# by nkauto | 2011-06-15 20:20 | バイクギャラリー | Comments(0)  

【6月10日 その2】

NKオートでは、自賠責保険の加入手続きを承っております。
NK autoのHPはこちら

雨の中、スクーターのお客様が自賠責保険の手続きに来店くださいました。
e0218639_22333479.jpg

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)は、「強賠(強制賠償保険)」 「強制保険」等と言われるように、バイクを運転する時には必ず入っていなければいけません。
自賠責に加入しないままバイクや車を運転した場合、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられるほか、道路交通法上の違反点数が6点となり、即免停となります。
車検のない250ccクラス以下のバイクの保険期限切れにご注意下さい。
最近はコンビニやインターネットで加入手続きもできるようになりました。

===================
サイドカーを取り付け中のBMW K100RSの現況です。
ウィッシュボーンのアームとハブが取り付けられました。
e0218639_22444134.jpg
e0218639_22445262.jpg

人気ブログランキングへ←ブログランキングに参加しています。1ポチ、よろしくお願いいたします。
[PR]

# by nkauto | 2011-06-12 22:49 | ピット作業状況 | Comments(0)